バックアップのクラウドサービスを利用するメリット

顧客情報を初めとした企業の業務に関わる大切な情報の喪失を防ぐためには、突然のシステムトラブルに備えてデータをバックアップしておくことが大切です。


近年は、インターネット上の保存領域(クラウドストレージ)にデータを保管するクラウドサービスが普及しつつありますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

バックアップの専門サイトのココです。

たとえば、バックアップのクラウドサービスのメリットは、まず災害発生時にも大切なデータを安全に保存できることが挙げられます。

wikipediaに関するお役立ち情報コーナーです。

多くの企業では、自社内に構築したサーバーで社内の情報を一括して管理し、アクセス権限を与えられた社員が端末で閲覧・更新する仕組みになっています。


しかし、このシステムだと地震や火災などの災害が突然発生してサーバー機器が破壊されてしまうと、企業活動の継続のために必要なデータが消失してしまう危険性があります。
バックアップのクラウドサービスを提供している業者は、クラウドストレージとして提供するサーバー機器を、災害に強い土地に建てられた堅牢な建造物内のデータセンターに設置して管理しています。

このため、万が一、地震・火災などの災害が発生して会社が甚大な被害を受けた場合でも、データが失われにくく、業務の再開もスムーズにいきやすいので、安心して業務を続けることができるわけです。
また、このサービスを利用すれば、自社で保有するサーバーやデータセンターを最小限にして効率的に運用できるので、業務効率化や経費節減にも役立つというメリットもあります。



なお、クラウドストレージのよるバックアップサービスでは、個人情報保護や情報漏えい、サーバー攻撃に対するセキュリティなどを徹底している業者を選ばないと、大切なデータが思わぬ危険に晒される場合もあるので、サービスを提供する業者がどのような対策を行なっているのかをよく確認した上で、サポート態勢が充実した信頼のおける業者を選ぶことが大切です。